日本科学者会議(JSA)とは─急速に進展した科学技術を人類に役立て正しく発展させるためには、科学者自身がその社会的責任を自覚しなければなりません。日本科学者会議(JSA)は、人文・社会・自然科学のすべての分野の科学者が協力しあって科学の各分野を総合的に発展させること、その成果を平和的に利用するよう社会に働きかけることを目的として活動しています。JSAは「日本の科学者 (Journal of Japanese Scientists)」─科学の全分野を網羅した総合学術誌(月刊:1966年創刊)を発行しています。

日本科学者会議大阪支部(JSAO)は、全国にあるJSA支部の一つとして、大阪に在住/勤務する科学者(研究者・教育者・技術者・弁護士・医師・大学院生など)が参加しています。



更新情報

  • 【24総学】絶賛開催中!
    直前でもオンライン参加に間に合います。以下のリンク先で「参加登録」するとオンライン参加方法をお知らせするメールがとどきます。ぜひご登録ください。https://jsa.gr.jp/d/sougaku/start
  • 【24総学】全体会の会場情報を追加
    大阪大学 豊中キャンパス 全学教育推進機構 DAICEL STUDIO(https://www.celas.osaka-u.ac.jp/facilities/)にて対面で行われます(マップ内の「実験棟」が会場です;阪急宝塚線「石橋阪大前」より徒歩15分)
  • 【哲研より】映画「原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち」
    2014年 関西電力大飯原発の運転停止命令を下した樋口英明 元裁判長(福井地方裁判所)。樋口さんたちの原発危険性を社会に説く活動のドキュメンタリー映画です。今秋から上映されます。2021年7月16日の
    哲学研究会シンポジウム―「科学者と裁判官の対話」― での樋口英明さんの講演記録も。
  • 平和のための集中講義2022
    5月2日〜6日
    @大阪大学豊中キャンパス
    来聴歓迎(会場参加申し込み不要・オンライン参加も可
    テーマ:「ロシア研究者から見たロシアのウクライナ軍事侵攻」「戦争正当化の「論理」と実態― 近代日本と現代ロシアの比較から ―」「『自由と民主主義』の二重基準」「科学を戦争の道具とさせないために」「ウクライナ軍事侵攻に翻弄される人々」
    詳しくはこちら

 

 更新情報をもっと見る


Twitterはじめました @JSAosaka
Twitterはじめました @JSAosaka

映画「原発をとめた裁判長」
映画「原発をとめた裁判長」

平和のための集中講義2022
平和のための集中講義2022

【著書紹介】より
【著書紹介】より





JSAOの活動



JSA近畿

近畿地方の各府県にあるJSA支部が関わる企画、近畿地区全体のJSA企画などをお知らせしています。


サイエンスカフェ

サイエンスカフェは、市民と科学者が気軽にお茶をのみながら、科学(社会科学や自然科学)の話題について語り合う場です。JSAOはサイエンスカフェ活動にとりくみ、会員の専門性を活かして講師も派遣しています。

  店街のサイエンスカフェPortal
 (情報をまとめるポータルサイト)に移動

 最近のサイエンスカフェの記事を見る


第24回総合学術研究集会 in 大阪

新型コロナウイルス・気候危機下の科学と社会―脱炭素・脱原発・脱貧困を求めて―(11月19日〜12月11日)

 

1976年以来、隔年で開催されてきた日本科学者会議主催の総合学術研究集会(総学)は24回を迎え(24総学)、今年11月19日~12月11日に大阪において開催します。全体会は大阪大学とオンラインのハイブリッド、分科会はオンラインまたはハイブリッドで行います。


参加費は無料。オンライン参加は事前申し込みが必要です。
参加申込方法などは日本科学者会議(JSA)全国ホームページの「第24回総合学術研究集会 in 大阪」をご覧ください。
分科会の詳しいプログラム、予稿集についてもご案内しています。

→スケジュールと概要はこちら

→ 参加登録・詳しいプログラム(3rd Circular)はこちら

 

全体会は大阪大学で:
全体会(11月19日(土)、12月11日(日))は、大阪大学 豊中キャンパス 全学教育推進機構 DAICEL STUDIOで開催します。全体会では特別講演が行われます。オンライン参加もできますが、ぜひ会場においでください!アクセスマップ;https://www.celas.osaka-u.ac.jp/facilities/ (マップ内の「実験棟」が会場です;阪急宝塚線「石橋阪大前」より徒歩約15分)


*参加費無料ですが、開催にはサーキュラー発行、Zoom契約、運営アルバイト等のための経費を要しており、寄付(一口 1,000 円)にご協力いただけると幸いです